北式馬券研究会

40年前、北秀一氏が「九星術」をもとにギャンブル勝率を高める研究をし「北式出目表」として公開した。当時一世を風靡したこの北式を独自に研究、以来多額の配当(最高獲得額2,069万円など)を得たその数理を、一人でも多くの競馬ファンと共有することで究めていきたい。

9日(日)東京・東京新聞杯は16頭立て

9日(日)東京11R・東京新聞杯は、陽遁⑦の日に行われます。

先週の東京メーンが運命数にずれています。今週は運命数に少しとらわれず、対応します。なお、東京メーンに運命数がこの発走時間で合わないときは、過去の実戦経験から、2月23日(日)東京G1・フェブラリーステークスに運命数が合うと思います。 

このレースは、現在3連勝中の関西馬ヴァンドギャルドが出走します。この馬をマークして検討します。