北式馬券研究会

40年前、北秀一氏が「九星術」をもとにギャンブル勝率を高める研究をし「北式出目表」として公開した。当時一世を風靡したこの北式を独自に研究、以来多額の配当(最高獲得額2,069万円など)を得たその数理を、一人でも多くの競馬ファンと共有することで究めていきたい。

9日(日)京都・きさらぎ賞は、アルジャンナは8枠8番に!!

9日(日)京都11R・きさらぎ賞は。陽遁⑦の日に行われます。

出走頭数が8頭となっています。 人気のアルジャンナは8枠8番に入っています。

この日は、右側の3時までの運命数がよく来ていることはブログに書いてきました。

「8枠8番」は運命数からも強いと思います。

「出馬表」

1枠1番・コルテシア、2枠2番・サイモンルモンド、3枠3番・トゥルーヴィル

4枠4番・ギベルディ、5枠5番・グランレイ、6枠6番・サトノゴールド

7枠7番・ストーンリッジ、8枠8番・アルジャンナ。

なお、出走頭数が8頭立てになりましたので、過去20年間のデータ表は記録がありません。

f:id:stormysunday77:20200206133815p:plain