北式馬券研究会

40年前、北秀一氏が「九星術」をもとにギャンブル勝率を高める研究をし「北式出目表」として公開した。当時一世を風靡したこの北式を独自に研究、以来多額の配当(最高獲得額2,069万円など)を得たその数理を、一人でも多くの競馬ファンと共有することで究めていきたい。

◎脅威の的中率!!回収率!!集大成!!

このブログに書いています馬券予想は、1月5日(火)の「京都金杯」以来、脅威の回収率を誇っています。

またブログを年初から読んでくださっている方はご理解されておられますが、予想するレースに対して圧倒的な的中率も誇っています。

 すでに1月5日からの馬券獲得額は、195万円になっています。

 

 これはすべて「北式運命数」からレースを絞って当てているからです。

 

 このブログを立ち上げた動機は、家族からの援助がきっかけになりました。

○○ ぜひ広く皆さんに「手の内」を明かしてあげたら!またあの世に持っていくのはもったいないよ!」とのアドバイスからです。

 

私の馬券獲得のトップになる1993年5月の「安田記念」で、2069万を手にした時は、家族にはこの快挙を一切話していませんでした。(馬連3枠6番-7枠14番の68.970円の超大穴を3万円買っていました)(もちろん運命数から)

 

この出来事を正月に集まった家族に25年ぶりに話したところ、驚いていました、また呆れていました。

77歳ですべての仕事から解放されるのをきっかけに2年前の2019年4月にブログを立ち上げました。

 

当初は記事に対する責任感なのか、また肩に力が入って思ったような結果をなかなか出せませんでした。推薦する馬券予想に自然体が保てませんでした。

 

このブログのもう一つの「ウリ」は、2000年からコツコツ集めてきたJRAのレース結果を、陽遁1~9別、隠遁9~1別にして管理していました。

出走頭数別に10レース~12レースの「馬単」「3連単」のデータをみなさんに披露しています。

この出走頭数別の管理は、「枠と馬番の合計額」を研究しているからです。

これも読者に興味をもって見ていただけています。

 

私は今、79歳!まだまだ健康ですが、今年1年かけて、その集大成をみなさんに披露して、いつでもこのブログを終えてもいいようにと考えています。

 

そのためには、体力も考えて週内の記事は、毎日は記事を書けませんので少し手を抜かせていただきます。

週末の金曜日、土曜日、日曜日に全力で頑張りたいと思います。

 

みなさんに置かれましては、今後ともぜひ運命数の存在を信じてこのブログを通じて運命数からの馬券戦術!をマスターしてください。

f:id:stormysunday77:20190902100030j:plain